千葉市からの引越し見積もり|安くする方法

千葉市から全国の主要都市への引越しを予定されている方へ、
このサイトでは、千葉市から全国の主要都市の引越し概算見積もり額と、
引越し費用を安くするための見積もりの方法をご紹介しています。

 

引越し料金は、業者によって違います。
最大で50%も違うこともあります!

  • 具体的な引越し料金を知りたい
  • 料金が安い引越し業者を選びたい

という方は、こちらのサイトをご利用ください。
利用は無料、一回入力するだけで引越し各社に見積もり依頼できます。
各社の見積を比較することで最も安い引越し業者を選ぶことができます。

 

 引越し価格ガイド

 

 

 

千葉市から全国の主要都市の引越し概算見積もり額

 

千葉市から全国の主要都市への引越し概算見積もり額は、
各引越し先別のページをごらんください。

 

千葉市内での引越し概算見積もり額

単身で引越しの場合
千葉市内での引越し概算見積もり額は
おおよそ20,000円〜60,000円の費用が相場です。

 

夫婦2人での引越しの場合
千葉市内での引越し概算見積もり額は、
おおよそ30,000円〜80,000円の費用が相場です。

 

家族4人での引越しの場合、
千葉市内での引越し概算見積もり額は、
おおよそ40,000 〜 100,000円の費用が相場です。

上記は、千葉市内での引越し概算見積もり額の
大まかな概算としての参考価格です。

 

引越し費用を安くするための見積もりの方法

引越しの費用は、引越し先までの距離、荷物の量、
現在の住まいからの搬出、引越し先での搬入作業のしやすさ、
といった条件によって決まってきます。

 

また、同じ引越しでも、引越し業者によって料金は違います。
例えば、東京に引っ越すにはA社が安いけど、大阪にはB社が安い、
というように引越し先によって、料金の安い業者が違うこともあります。

 

引越し費用を安くするには、引越し各社の料金を比較して、
良心的なサービス内容で最も料金の安い業者を選ぶことが大切です。

 

しかし、自分で多数の引越し業者から見積もりを取るのは大変です。
インターネットの一括見積りを利用すると簡単にできます。
現在、最もよく知られている引越し一括見積はこちらです。

 

引越し料金は、業者によって違います。
最大で50%も違うこともあります!

  • 具体的な引越し料金を知りたい
  • 料金が安い引越し業者を選びたい

という方は、こちらのサイトをご利用ください。
利用は無料、一回入力するだけで引越し各社に見積もり依頼できます。
各社の見積を比較することで最も安い引越し業者を選ぶことができます。

 

 引越し価格ガイド

 

 

 

 

■引越料金の見積もり
引越しの料金相場ってだいたいどのくらいなんでしょう?引越し料金に定価とか相場ってあるんでしょうか?先に見積もりをもらって比べてから、引越し業者を決めるのが賢明かと思います。というのは、料金は業者によりかなり差があるのです。実際に見積もりをしてみて初めて、どのくらいの料金で引越しできるのかどこまでやってくれるのか、比べてから業者を選ぶのが賢い方法です。前もって見積もりをしてくれるのは、どこの引越し業者でもやってくれます。引越し料金の見積もりを依頼するには、電話帳やホームページなどで調べて引越し業者に見積もり依頼の連絡をします。約束の日時に、担当者が訪問して、荷物の量などを見て見積もりをしてくれます。引越しの見積もりの方法は、おそらくどこの業者でも同じようなものでしょうけど、荷物が全部でどのくらいの量になるのか、マンションの場合は何階か、エレベーターは使えるかなど確認します。そして新しい引越し先までも距離ですとか引越し先での荷物の搬入のしやすさなどもから当日の作業量などを計算して見積もりをしてくれます。見積書をもらったら、各社を比較して依頼する業者を選ぶのですが、3社くらいから見積書を出してもらうことでサービス内容がだいたいいっしょであれば、金額によって業者を選ぶということになると思いますし、価格が同じくらいだった場合、サービスの違いを知ることができますから引越しの見積もりをしてもらえばお得に引越しすることができるようになりますね。

 

■引越しの見積もり比較
引越しの料金についてなんですが、引越し業者各社の見積もりを比較するといいますと、どんなところで比較をして選ぶのがよいかということですが、見積の比較というとまずは価格で比較するのはそれ以外のサービス内容でも比べてみることが大切だと思います。例として、引越し会社各社から見積書をもらったらプランの種類がいっしょであってもダンボールの数であったり、ハンガーボックスやワレモノ用の梱包材とか梱包資材はどんなものを用意してくれるのかとかも各社の見積もりを比べる場合にはチェックポイントになります。その他にも、引越しの見積もりをすると、お米とか、何かのプレゼントがあるとか、そういったキャンペーンなどを行っていることもありますし、箪笥の中身をそのままでも運んでくれるというところもあれば、タンスは空にしておかないといけない場合もあります。引越しの見積もりは1社だけでなく、ほかにも数社に引越しの見積もりを依頼して、引越しの見積もりを比較してみるのがいいですね。見積内容を比べてみることで、金額ではどの引越し業者が安くて、その引越し会社がサービス内容がよいのかが、わかると思います。そういうわけで、実際に引越し業者によって金額はかなり違いがあったりしますので、何社かの見積もりを比べて選ぶと損をすることがありません。

 

■引越し料金の仕組み
引越し料金は、何をもとにして決まってくるのかということなのですが、引越し料金はどのような内訳になっているのかというと、運送料と人件費、梱包費と交通費、保険料などの合計が料金になります。最初に引越し料金の運送費ですが、運送費には運賃と作業料が含まれています。引越しに使用するトラックの大きさや作業にかかる時間やどのくらいの距離荷物を運ぶのかによって、引越し料金の金額は違ってきます。使用するトラックが大きくなればなるほど引越し料金の金額は高くなりますし、当然ですが、使用するトラックの台数が多くなるほど引越し料金は高くなりますし、当然ですが、引越し先が遠ければ遠いほど引越し料金の金額は高くなりますし、つぎは人件費といいますのは、これは引越し業者の作業員のことで必要な作業スタッフの数が多ければ多いほど引越し料金の値段は高くなります。その他にも梱包費と交通費といいますのは梱包費は引越しに使用する梱包材料や梱包作業になります。交通費というのは高速料金などですから使わなければ必要ありません。もう一つ保険料についてですが、保険があるのかないのかを確認しておきましょう。事故などがあった場合には、保険に入っているか入っていないかは重要なポイントになります。引越し業者の料金は主にこれらの合算になっています。最近は、いろいろなサービスがある業者も多いですから、よく比較をして選ぶとよいでしょう。

 

■引越しのオンライン見積もり
インターネットを利用して引越し業者に見積もりを依頼することもできます。インターネットでの引越し見積もりの方法はといいますと、これは、住所や引越し先や荷物の量などを入力することで、一度入力をするだけで同時に複数の引越し業者に見積もりを依頼することができるのがそれによって比較をしてお得な業者をみつけることができます。沢山の業者に見積もりを実際にしてもらおうと思うとなかなか大変ですが、これを利用すれば、こちらからの連絡は一回でいいので、テレビやラジオでもCMしていることもあり利用者も増えています。ただし、インターネットでの見積もりはだいたいの目安としての料金だけで、正式に引越し料金を見積もりしてもらうには、実際に荷物や搬出方法などを確認して、計算して見積もってもらうことになります。インターネットの見積もりを使うことのメリットとしては、一回の入力作業で、まとめてたくさんの会社に見積もり依頼できる点で、自分が知らなかった引越し業者からも見積もりをもらうことができます。各引越し会社を比の見積もりべることで安くてサービスもよい引越し業者がわかりますから、最も条件のよい会社に引越しを依頼することができることです。実際に引越し料金は業者によってけっこう差がありますから、安い引越し業者を選びたい方には絶対におすすめですね。

 

■引越し業者の種類
引越しはそんなに頻繁にしないので引越し業者といってもよくわかりません。引越し会社といってもいろいろな引越し会社があります。例えば全国に支店があるような大手の引越し業社だったり特定の地域でとても評判のよい業者などもあります。まだ他にも、軽貨物運送業者などいろいろあります。引越し業社にはこのように種類がありますがどの引越し会社を利用するのがよいのかは自分の引越しに合わせて選べばいいと思います。例えば、引越しをするといっても、一人暮らしで、最近は、家具や家電がすでに用意されているような賃貸物件もありますので、そのような場合には引越し専門業者などに頼む必要もなく、宅配便でダンボールをいくつか送れば済んでしまうこともあるでしょう。同様に、会社の独身寮に引っ越しをする場合も、多くの運送業者で単身パックのようなものがありますからこういったサービスを頼めばわりと簡単に単身の引越しをすることが出来ます。こんなふうに、引越し業社は自分の引越しのスタイルや引越しの規模に合わせて選ぶといいと思いますし、その中でも引越し業者は、何社かの会社に見積もりを依頼してみて価格を比べてみるだけでなく、どこまでの作業をやってくれるのかも確認して、最もお得な会社に依頼するのがよいですね。

 

■引越しのスタイルで業者を選ぶ
引越し業者の選び方は色々あると思いますが、家族や荷物の量などを考慮することで、引越し業者の選び方も変わってくると思います。例えば、大家族で引越しする場合には、家族の人数が多くなればそれだけ荷物も多くなるでしょうから、引越しは、それだけ大変になりますよね。小さな子供などがいる場合は、子供も見てなければいけないので、家族での引越しの場合には、作業量と、どれだけ手間をかけることができるかで、業者や依頼するサービスを選択する必要があります。子供がまだ小さかったりする場合ですとか、高齢者がいる家庭の引越しの場合には、子供やお年寄りの分も引越しの準備が必要ですし、家族も仕事が忙しい場合では、仕事の合間に、家の引越しの準備もしなければならないわけで、思ったように作業もはかどりません。こういう人の場合では、らくらくパックとかおまかせパック言われるような荷造り、梱包作業も引越し業者に任せてしまえるようなサービスのある引越し会社とそのサービスパックを選べば、引越しをするのも安心なのではないでしょうか。単身での引越しでしたら、荷物と言ってもそんなにないでしょうから、家族の引越しなどの場合と比較すれば、それほど大そうな引越しにはならないと思います。引越し業者の単身パックのようなサービスを依頼すると、料金も安いですし、てっとり早くてよいのではないでしょうか。家族の引越しと違って、単身の引越しは比較的楽ですから、そのように、単身向けに手軽なサービスがある引越し業者を選ぶとよいでしょう。

 

■引越し業者ランキング
引越し業者のランキングがあるのを知っていますか?今、引越しの業者をどこにしようか考えている人には、かなり役に立つ情報ではないかと思います。ランキング上位になっているような引越し業者は対応の悪い業者にはあまりあたらないと思います。引越しの業者ランキングは、いわゆる比較サイトというような、一括で見積もりできるようなサイトで載っていたりします。総合評価と項目別評価になっていたりして、引越し料金見積が安かった業者や電話や営業マンの態度がよい業者の評価や引越しの作業をするスタッフの態度がよかったかとか、テキパキと、的確に作業をしたかといった評価で、引越し業者のランキングが付けられています。近々、引越しをする予定のある人にとっては、引越しはそんなに頻繁にしないからよくわからないという人が多いのではないでしょうか。そういった場合には、引越し業者のランキングをチェックしてみると信頼できる引越し業者がどこなのかがわかって便利だと思います。ランキングだけでなく、口コミや感想なども掲載されていて、実際に利用した人の意見ですからどの引越し業者を選んだらいいかを決めるために、役に立つ情報ではないかと思います。

 

■引越しの追加料金
引越業者に依頼する場合に追加料金は基本的には、発生することはありません。基本的には、見積もりをした時にお互いに取決めした料金がすべてです。そういうことで、当日になってからまた、別途料金が必要になるということは通常は、ありえないのです。ただし、必要になる場合があるなら見積もりの際の荷物の内容ですとか引越し先の前の道幅や搬入経路などが見積もりをした前提条件と違っていたケースなど別途費用が発生するケースはありえます。見積もりの時の情報が不正確で当日、トラックに積み切れなくて、積み残しになってしまったら、もう一度往復したり、別便を手配するなどして、荷物を運ばなくてはなりません。見積もり時に正確に自分が情報を伝えていないで引越し当日にこのようなことになった時には、追加で費用を請求されることになっても仕方ありません。また、引越業者に依頼した作業の開始時間になってもまだ梱包ができていないので運べなくて、引越し業者も梱包作業をしなければならなかったというケースも追加の費用が必要になることもあります。追加料金の確認も見積もりをしてもらった時に確認しておくべきです。引越の当日になって問題を起こさないためにも、追加料金が発生しないようにするためにも、荷造りなど、引越しの準備は、前日まで済ましておくのがよいです。

 

■単身引越し
独身者など自分一人の引越しには、単身の引越しサービスがあります。一人暮らしの人が自分だけ引越しをする場合は、家族の引越しとは全くタイプが違っていると思います。独身者でしたら、ふつうは家具や家電もそれほど大きなものはないですし、荷物の量もそれほど多くない場合が多いと思います。単身で引越しする場合は、家族の引越しプランのようなダンボールなどの無料サービスや保険などは、それほど必要としないかもしれません。それより、引越しの料金を少しでも、安くしてもらったほうがありがたいという人が多いのではないでしょうか。自分一人で引越しをする場合には、荷造りも簡単だと思いますし、荷物と一緒に、引越し業者のトラックに乗せて行ってくれるというサービスのほうがありがたい人も多いでしょう。独身者や単身赴任の場合はそれに合った、また、学生の引越しには学生向けになっているような引越しプランを見つけて、それを利用したほうが、価格的にも安いと思いますし、引越し業者の人も、勝手がわかっているので、てっとり早くできると思います。単身の引越しプランはほとんどの引越し業者で商品としてあると思いますので、各社、若干サービスに特徴もあったりしますから、自分にとって一番都合のいいものはどれか探してみると、ちょうどいいものが見つかるのではないでしょうか。単身引っ越しは、家族の引越しのように大変でもないので、わりと安い料金で引越しできるでしょう。

 

■引越しのらくらくパック
引越業者のらくらくパックというサービスがありますが、引越しのらくらくパックは、頼める引越し業者も多くなっていますが、プランの呼び方であったり内容は、それぞれ違うと思います。例えばクロネコヤマト引越しセンターの場合は引越しらくらくパックというように呼ばれていますけれど日通の場合でしたら、ゆうゆうこんぽとか言っていたと思います。松本引越しセンターはおまかせコースという名前のプランになっています。引越会社の作業員が荷物の梱包から搬出から、搬入まで至れり尽くせりおまかせでできてしまうプロの引越し業者が全部やってくれるパックになっている商品がこのらくらくパックです。荷造りから荷解きまで全て業者がやってくれますけれど、荷造りをする前の荷物の仕分けなどに関しては、依頼者でなければわからないことです。引越しのらくらくパックのプランで荷解きまで含まれているサービス内容であっても荷物を梱包から出して梱包材は片づけてくれますが、それ以上、全てやってくれるものでもありません。しかし基本的な引越プランと比べて手間の分だけ料金は高くなりますが、業者がかなりの部分をやってくれますので、実際に、楽に引越しができるのは間違いないですね。小さな子供が何人かいたりすうるとなかなか引越しの準備が大変ですから、こういったサービスを頼むのが、利用価値はあるのではないでしょうか。

 

 

千葉市内での引越し概算見積もり額

単身で引越しの場合
千葉市内での引越し概算見積もり額は
おおよそ20,000円〜60,000円の費用が相場です。

 

夫婦2人での引越しの場合
千葉市内での引越し概算見積もり額は、
おおよそ30,000円〜80,000円の費用が相場です。

 

家族4人での引越しの場合、
千葉市内での引越し概算見積もり額は、
おおよそ40,000 〜 100,000円の費用が相場です。

上記は、千葉市内での引越し概算見積もり額の
大まかな概算としての参考価格です。

 

引越し費用を安くするための見積もりの方法

引越しの費用は、引越し先までの距離、荷物の量、
現在の住まいからの搬出、引越し先での搬入作業のしやすさ、
といった条件によって決まってきます。

 

また、同じ引越しでも、引越し業者によって料金は違います。
例えば、東京に引っ越すにはA社が安いけど、大阪にはB社が安い、
というように引越し先によって、料金の安い業者が違うこともあります。

 

引越し費用を安くするには、引越し各社の料金を比較して、
良心的なサービス内容で最も料金の安い業者を選ぶことが大切です。

 

しかし、自分で多数の引越し業者から見積もりを取るのは大変です。
インターネットの一括見積りを利用すると簡単にできます。
現在、最もよく知られている引越し一括見積はこちらです。

 

引越し料金は、業者によって違います。
最大で50%も違うこともあります!

  • 具体的な引越し料金を知りたい
  • 料金が安い引越し業者を選びたい

という方は、こちらのサイトをご利用ください。
利用は無料、一回入力するだけで引越し各社に見積もり依頼できます。
各社の見積を比較することで最も安い引越し業者を選ぶことができます。

 

 引越し価格ガイド

 

 

 

 

■自分で引越し
引越しを自分でやろうと思っている人も一人暮らしなどの場合は多いかもしれませんね。自分で引越しをやってしまうことの、メリットもありますし、デメリットもあるので、それについて紹介したいと思います。最初に、引越しを自分で行うことのいいところはあたりまえのことですが、引越し業者の料金が必要ありませんから、安く引越しができるということがあります。さらには、自分でやってしまった方が、気楽にできるというのもあるようです。引越し屋さんを手配した場合では、初めて会う引越し業者のスタッフに、作業の指示などをしたり、自分の荷物を運んでもらわなければいけませんから、気にする人の場合は気分的に楽ではないかもしれません。引越し業者を使わずに自分ですれば、家族や仲間など知っている者だけでやるわけですから、それなりに気楽に楽しく引越し作業ができるかもしれません。引越しを自分で行うとメリットだけでなくデメリットもあります。引越しを自分で行うデメリットはひょっとして、引越し業者に頼んだ方が安かったということになってしまうかもしれません。仲間同士で引越しを手伝ってもらう場合は、食事代を出したりお礼をしたり、トラックやワゴン車などを借りてきたり後から考えると引越しを業者に頼んだほうが安くついたなんてこともじつはありがちなのです。そして、自分達だけで引越し作業をする場合は、専門のスタッフのように、それを専門にやっているわけではありませんので、素人が引越しをするので、ケガをしてしまったりですとか、トラブルもいろいろと発生するものです。ということもありますので、引越し業者を使わない方法は安く済む場合もありますが困ったことも起こりがちなので、一応そういうこともあることを知っておくとよいと思います。

 

■引越しの手順
引越しというとなんとなく大変そうですよね。引越しをするといっても引っ越し作業の準備から後片付けまでをスムーズにこなすには、引越しをする日はいつにするのかそれに向けてどう準備をしていくのか、計画というものがきちんとできているかが上手に引越しを済ませるためには必要なことなのです。この引越し手順というものがきちんとしていれば、引越しの費用や手間も省けて引越しをスムーズに行うことができると思います。とにかく、まずはどこから手をつけるかといえば、引越しのプランというものを立ててみましょう。引越し予定日をいつにするのか、どの引越し業者に依頼するのか、当日の大まかな時間配分なども計画しておきことが必要です。引越しの計画をきちんと立てることで引越しがスムーズに済ますことができるかどうかはかかっているのではないでしょうか。引越しのプランをつくったらその次は、すぐに荷造りではなくて、まずは必要な荷物と持っていかないものを分けていらないものは整理するという荷物の量を少なくすることが必要です。ある程度荷物の整理ができれば荷造りも楽になります。いらないものを処分してから始めないと、荷物の整理をしながら荷造りしなければいけないのでさっさと荷造りできません。効率よく荷造り作業を終わらせるためには、ある程度のいらないものを処分することが大切です。さて、引越し当日には、荷物を新しい家に運んで引越しの後片付けという手順で引越しは進められていきます。その他にも、引越しする前にご近所へのあいさつですとか引越し先でのあいさつなどなにかと大変なので、しっかり準備をしておきましょう。

 

■引越しの計画
引越しでは計画を立てるのが最も重要だといわれています。この引越しの計画をきちんと立てておかないと上手く引越し作業を進めることができません。引越しを上手く済ませてしまうためにも前もって引越しの計画をしっかりしょう。まずは、引越しの予定日ですが、時期によっても変わってきます春先の月月は転職や入学、就職によって一番引越しの多い時期ですから、引越し業者の値段も高くなりますし、アルバイトの作業員が多かったり引越し予定日に空いている引越し業者がなかったりします。ですから、引越しの予定はできるだけ早めに決めておいてできるなら繁忙期は避けたほうが賢明でしょう。また引越し作業をする時間なのですが、引越しの時間というのは、時間帯が遅くなれば遅くなるほど安い金額になることがありますので、引越しの予定を立てる場合には、遅い時間で見積もりをしてみるのもよいかもしれません。引越しの計画がある程度立ったら、それから、引越し業者2、3社に引越しの見積書を出してもらいましょう。各社から見積が出そろって比較ができれば一番条件のよい引越し業者を選ぶこともできますので、引越しの計画もだいたい出来上がると思います。依頼する引越し会社と日取りが決まってしまえば引越しの計画もスムーズに進むのではないでしょうか。

 

■引越しの荷物の仕分
引越しの荷物はなるべく減らすのがいいですね。引越しというのは荷物を整理するいい機会でもあります。また、荷造りに取り掛かる前に、事前にある程度持ち物の整理をしておくことで荷造りの作業も早く終わるのではないでしょうか。最初は、洋服をまずは仕分しましょう。ほとんど着ない洋服、古くて着なくなった洋服などを仕分けすることで荷造りの作業も早く終わるのではないでしょうか。そして引越しの準備をしてるときに不用品が出てきた場合には、どうするのがよい方法かということですが、リサイクルショップで買い取ってもらえるのか、粗大ごみとして処分するにはどうするのか不用品の処分についても先に考えておけば引越しの間際になってあわてなくても大丈夫です。家電などの場合では、リサイクル法で決められた処分方法をしなければいけませんので、もって行く家電、使わない家電などの仕分も事前にしておくといいかもしれません。引越しの荷造りを始める前に荷物の整理をしておくと荷物の量もだいぶ少なくなっていると思いますので、効率よく荷造りもできますし、引越しの予定が決まったら、なるべく早くから、荷物をある程度整理しておくといいと思います。

 

■引越しの荷造り
引越しをするときの荷造り方法についてなのですが、引越しの荷造りをする際には梱包方法に注意してみましょう。最近は梱包まで請け負う引越し業者も多くなっていますが、自分で引越しの荷造りの梱包を行う場合には、それにあったやりかたが梱包するものそれぞれのによってありますから、それに合った方法で梱包します。食器類や装飾品などのワレモノの梱包の場合に、引越し業者に頼める場合であれば、割れ物はやはりプロにやってもらうのがいいと思います。食器は強度によって梱包方法も違いますから割れない梱包をしてもらうことがプロならそうしてくれると思います。自分で食器の梱包をする場合ではプチプチシートなどを使うのがよいとおもいましょう。引越しの荷物には手荷物で持って行ったほうがいいものがあります。それはもしも紛失してしまったら取り返しがつかなくなるような貴重品などは自分で持って行くべき荷物になります。例えば高い宝石や装飾品など預金通帳、実印や株券、もちろん現金もそうです権利書や株券など自分で持っていくのが安全です。荷造りをする場合には、どの荷物になにが入っているのかわかるようにダンボールにマジックなどで書いておけば、新しい家のどの部屋に持っていく荷物か書いておくと、搬入作業にも便利です。

 

■引越しの当日
引越しの当日というのは、引越しのスタッフが中心に行ってくれますが、こちらは、全部おまかせで何もしなくていいわけでもないです。例えば、引越し業者に指示をしてあげることで、引越しがスムーズに進みます。特にば大型家具などは作業前を始めるに、配置場所などを図に描いて指示をしておけば、搬入、搬出作業も効率よくできると思います。また、あらかじめ配置図を渡しておかなかった場合でも、その場で適切に指示をしてあげれば引越しが効率よく進みます。引越しの当日は引越しがスムーズに進むように、作業前を始めるに、引越しの時間の確認、終了時間の確認、大きな荷物の搬入経路、運搬方法の確認などをしておけば、段取りよく作業を進めることができます。もしも特殊な物の搬送がある場合には、前もって引越し業者に聞いておいてその引越し業者で運べなければ、専門の業者を手配しておく必要がありますのでそちらも引越しの当日までに頼んでおかなければなりません。引越しの当日は引越し会社み任せて何もしなくていいと考えている人もいるかも知れませんが、実は引越しのその日も色々とスタッフに指示を出したりといったように、引越しがスムーズに終わるように私たちもスタッフを手伝う必要があるので色々とすることはたくさんあります。

 

■引越しに必要な梱包グッズ
引越しをするために準備しておくものについてですが、何から始めるかと言えば、荷物の仕分けと梱包からだと思いますが、誰でも、ダンボールは一番最初に思いつくのではないでしょうか。ダンボール箱は必ずといってもいいほど引越しには必要ですが引越しに必要になるダンボールの数というのは、一般的にですが、家族の引越しの場合は、一人あたり箱程度ではないかと聞いたことがありますんで、そのくらいは、準備をしておけばよいのではないでしょうか。ダンボールは、最近どこの引越し業者でも、引越しの依頼をすれば必要数を無料でくれるようになってますから、自分でどこかからもらってきたり、買ってきたりする必要はありません。ダンボール以外には、梱包材として、プチプチシートとか緩衝材なども必要です。こちらはホームセンターなどで量り売りされていますから、食器や壊れ物を包むときに使用しましょう。ワレモノの梱包には、その他にも、新聞紙も必要になります。新聞紙は、ワレモノ以外にもいろいろ使えますので、わりとたくさんあってもいいのではないでしょうか。その他にも、ガムテープやひもなども、当然ですが必要になります。他にも引越しの梱包の際にはカッターナイフやハサミなどの刃物や、軍手も一応あったらいいですね。それと、梱包した荷物に、新しい住まいの、どの部屋に運ぶかわかるように書くためにマジックも一本もっておきましょう。

 

■引越しと防震
引越しと防震について紹介したいと思います。最近は、引越し業者さんのサービスでも引越しの際に防震グッズを設置してくれることをオプションでしてくれたりするようです。地震対策などに色々なグッズの取扱が引越業者によって準備しています。例として、新居に家具を運搬、設置をしたら地震があったのために家具を固定しておく固定金具といったものもありますし、家具の設置をする下に滑らないシートを敷いておくというグッズもあります。引越が終わってしまってから地震対策をしようと思ってもなかなか大変です。また、そういうものを自分で探して買ってくるのも手間です。引越し業者の人にやってもらえば、すべて引越しの時に同時にやってもらえますから効率的です。このようなオプションでは、それぞれの引越し業者によってもやってくれることに違いがありますし、そのための料金も各社違いがあると思います。各社のパンフレットやホームページに対策の方法や使用する器具などの説明もそれについて説明があると思いますので、まずはそれを見てから比較してみるといいと思います。引越しを機会に地震対策に努めるということは大切なことではないでしょうか。通常は引越し会社の方から地震対策を強く勧めてくるわけでもないので、こちらの方から聞いてみるとよいのではないかと思います。

 

■引越しの各種手続き
引越しが決まったら、電気水道ガスなどライフラインの手続きについて忘れないように書いておきたいと思います。はじめに、引越しをする場合には、違う電話番号に変わってしまいます。電話の引越しは116番が窓口なので、移転や番号変更などの手続きをしておきます。電気ですが、引越しが決まったら、電力会社に連絡をして、引越しをする日で止めてもらうようにします。引越し先の電力会社にも、事前に電話をして、引越ししたらすぐに電気が使えるようにしておきます。ガスについても同様に、同じく連絡をして、引越しのための手続きをしておきます。また、引越し先のほうでは、事前にそこのガス会社の連絡窓口に電話をして手続きをして入居美になったら、係員が来て検査などをしてくれますので、ガスが使えるようにしてもらいます。引越しの場合の水道ので続きでは、引越しをする1週間くらい前には、連絡をして、退去日で止めてもらいます。引越したらすぐ水道がでるように、引越し先の手続きも同時にしておきます。電気、ガス、水道、通信などの手続きはこんなものですが、こういったライフラインの手続きは、賃貸不動産などに引越しをする場合には賃貸不動産物件によっては手続きが不要で、自分でライフラインや通信の手続きをする必要ない場合もあり、また、新居が新築の場合などでは、これらの手続き以外の手続きが必要になってくることもありますから不動産の契約やライフラインの手続きの際に個々に確認しておく必要があります。

 

■引越しの色々な手続き
引越しの色々な手続きについて紹介したいと思います。住民票の移転などの役所に届ける手続き以外にも、例えば、新聞を購読していた場合には、それから、銀行などにも住所変更の手続きしておくこともまた保険に入っていると思いますが、住所変更の手続きをしておかなければなりません。意外といろいろな保険に入っているもので、基本的には、生命保険や自動車保険と思いますが、養老保険とか、学資保険とか契約をしている人は、それらの保険の引越しに関わる手続きをしなければいけません。また、引っ越しの際には、郵便物の転送手続きも必要ですね。郵便局に行くと、転居届の用紙がおいてありますので、それを書いて投函しておけば、今までの住所宛に郵便物が送られてきた場合には、自動的に、一年間は、引越しした後の住所のほうに転送をしてくれるようになりますので、これも、とても大切な手続きですから忘れずやっておきましょう。携帯電話の契約も住所変更をしておく必要がありますし、インターネットの回線の工事は、季節によっては込みあいますので、早めに手続きすれば、新居に入居をしてすぐにインターネットが使えるようになります。

 

■千葉市の公共機関、電気・ガス・水道の引越しの連絡先電話番号

 

千葉市役所 〒260-8722 千葉市中央区千葉港1番1号代表電話番号:043-245-5111

 

【電力】
東京電力カスタマーセンター 0120-99-5551

 

【ガス】
東京ガスお客さまセンター 引越し専用ダイヤル
電話:0570-002230(ナビダイヤル)
月曜日〜土曜日9:00〜19:00
日曜日・祝日9:00〜17:00

 

【水道】
千葉県水道局 県水お客様センター 0570-001245

 

千葉市内での引越し概算見積もり額

単身で引越しの場合
千葉市内での引越し概算見積もり額は
おおよそ20,000円〜60,000円の費用が相場です。

 

夫婦2人での引越しの場合
千葉市内での引越し概算見積もり額は、
おおよそ30,000円〜80,000円の費用が相場です。

 

家族4人での引越しの場合、
千葉市内での引越し概算見積もり額は、
おおよそ40,000 〜 100,000円の費用が相場です。

上記は、千葉市内での引越し概算見積もり額の
大まかな概算としての参考価格です。

 

引越し費用を安くするための見積もりの方法

引越しの費用は、引越し先までの距離、荷物の量、
現在の住まいからの搬出、引越し先での搬入作業のしやすさ、
といった条件によって決まってきます。

 

また、同じ引越しでも、引越し業者によって料金は違います。
例えば、東京に引っ越すにはA社が安いけど、大阪にはB社が安い、
というように引越し先によって、料金の安い業者が違うこともあります。

 

引越し費用を安くするには、引越し各社の料金を比較して、
良心的なサービス内容で最も料金の安い業者を選ぶことが大切です。

 

しかし、自分で多数の引越し業者から見積もりを取るのは大変です。
インターネットの一括見積りを利用すると簡単にできます。
現在、最もよく知られている引越し一括見積はこちらです。

 

引越し料金は、業者によって違います。
最大で50%も違うこともあります!

  • 具体的な引越し料金を知りたい
  • 料金が安い引越し業者を選びたい

という方は、こちらのサイトをご利用ください。
利用は無料、一回入力するだけで引越し各社に見積もり依頼できます。
各社の見積を比較することで最も安い引越し業者を選ぶことができます。

 

 引越し価格ガイド