千葉市から横浜市への引越し費用

千葉市から横浜市への引越しを予定されている方へ、このページでは
千葉市から横浜市への引越し概算見積もり額と引越し費用を安くするための見積もりの方法をご紹介しています。

 

引越し料金は、業者によって違います。 最大で50%も違うこともあります!
自分の引越し料金を具体的に知りたい、料金が安い引越し業者を選びたい


これを使うと便利です!
利用は無料、一回入力するだけで引越し各社に見積もり依頼できます。

各社の見積を比較することで最も安い引越し業者を選ぶことができます。


 引越し価格ガイド


 

千葉市から横浜市への引越し概算見積もり額

単身で引越しの場合
千葉市から横浜市への引越し概算見積もり額は
おおよそ30,000 〜 100,000円の費用が相場です。

 

夫婦2人での引越しの場合
千葉市から横浜市への引越し概算見積もり額は、
おおよそ40,000 〜 110,000円の費用が相場です。

 

家族4人での引越しの場合、
千葉市から横浜市への引越し概算見積もり額は、
おおよそ50,000 〜 130,000円の費用が相場です。

上記は、千葉市から横浜市への引越し概算見積もり額の
一般的な荷物量を設定して算出した参考価格です。

 

引越し料金は、その人、その人の引越し内容によって違います。
引越し料金は、業者によって違います。最大で50%も違うこともあります!

 

自分の引越し料金を具体的に知りたい、料金が安い引越し業者を選びたい


これを使うと便利です!
利用は無料、一回入力するだけで引越し各社に見積もり依頼できます。

各社の見積を比較することで最も安い引越し業者を選ぶことができます。


 引越し価格ガイド


 

 

■引越料金の見積もり
引越しをする場合の料金見積についてですが、引越しをする前には、引越し各社の料金を比べてから、引越し屋さんを選ぶとよいと思います。極端な場合は料金が2倍以上差があったりしますよ。引越し料金の見積もりを比較することで、安い引越し業者はどこなのか、サービスはどうなっているのか比較して一番良い業者を選ぶことができます。前もって見積もりをしてくれるのは、どこの引越し業者でもやってくれます。引越し料金を見積もりしてもらうには、あらかじめ引越しの見積もりの予約をしておいて、約束の日時に、担当者が訪問して、荷物の量などを見て見積もりをしてくれます。料金の算出方法については、だいたいの業者が同じようなものかと思いますが、荷物の量は全部でどのくらいなのか、その中で特に大きな荷物があるかもチェックします。それから、新しい住まいまでの距離とか一軒家かマンションやアパートかなど引越しの見積もりの金額に関係すると思います。見積の金額がわかったら、比較検討をして、最も条件がよい引越し業者に決めますが、−社くらい引越しの見積もりをしてもらうことで、サービス内容が同じような場合は、金額によって業者を選ぶということになると思いますし、値段にたいして差がなくてもサービスの違いを知ることができますから引越しの見積もりをしてもらえば値段もやすくてサービスの良い引越し会社がわかります。

 

■引越し料金の仕組み
引越し料金の仕組みについて紹介したいと思います。引越し料金はどのような内訳になっているのかというと、基本的には、運送料と人件費、梱包費と交通費、保険料などがあります。はじめに引越し料金の運送費ですが、運送費に含まれるのは基本的に運賃と作業料です。トラックの大きさはどのくらいのものが必要か引越しをするために必要な作業量荷物を運ぶ距離は何キロあるのかによって引越し料金は変わってきます。引越しのトラックが大きければ大きいほど引越し料金は高くなりますし、また、台数が多くなれば多くなるほど引越し料金は高い価格になりますし、また、引越し先が遠ければ遠いほど引越し料金の値段は高くなりますし、それから、人件費についてですが、これな作業スタッフは何人必要かということで引越し業者の作業員の数が多ければ多いほど引越し料金は高くなります。そのつぎは引越しの梱包費と交通費ですが、梱包費は引越しに使用する梱包材料や梱包作業になります。交通費に関しては高速や有料道路の料金ですから通行しなければ必要ありません。そして、保険料についてですが、保険の有無については注意しておきましょう。何か傷がついたりトラブルがあったときに保険があるのかないのかによって対応もかなり違ってきます。引越し業者の料金は主にこれらの合算になっています。最近は、業者間の競争も激しいので、いろいろサービスがありますので、何社かの引越し会社の見積もりを比べてから選ぶとよいです。

 

 

■引越しのオンライン見積もり
引越しのオンライン見積もりについて紹介したいと思います。中でも一括見積比較サイトというものが最近人気になっています。インターネットから、色々と引越し先の条件を入力することで、入力作業は一度だけで、複数の引越し業者に見積もりを依頼することができるのがこのインターネットサービスのよいところです。何社もの引越し業者に一社一社見積もり依頼をするのはめんどくさいですが、一度に沢山の引越し業者の見積もりがわかるとあって最近は人気があり、利用者も年々多くなっているようです。しかし、インターネットでの見積もりは大雑把な目安となり料金がわかるだけで、正式に引越し料金を見積もりしてもらうには、実際に訪問してもらって見積もりをしてもらわなければなりません。一括見積り比較のメリットとしては、一回の入力作業で、まとめてたくさんの会社に見積もり依頼できる点で、複数の引越し業者を比較することができるということです。多くの引越し業者の見積もりを比べることで一番お得に引越しができる会社がわかりますから、一番条件のよい業者を選ぶことができるということです。実際に引越し料金は業者によってけっこう違いますから、安い引越し業者を選びたい方には絶対におすすめですね。

 

■引越しの見積もり比較
引越し料金を比較すると業者によってかなり違います。引越し業者の見積もりを比べる時に注意する点は、どんなところで比較をして選ぶのがよいかということですが、もちろん何を比較するかといえば、まずは、値段を比べるのはそれ以外のサービス内容でも比較してみなければなりません。例として、引越し会社各社から見積書をもらったら同じ引越しプランの場合でも、ダンボールはいくつまでくれるのかとか、布団袋とかハンガーボックスがあるかとか梱包材料はどうなのかといったことも、引越しの見積もりを比べる場合にはチェックしておくのも大切です。その他にも、引越しのを依頼をすると何かプレゼント特典があるとか、といったサービスがあるかもしれませんし、タンスの中身はそのまま出さなくてもよいこともありますし、タンスの中身を出さなければならないこともあります。引越しの見積もりをする場合には、何社かに見積もりをしてもらって、金額やサービス内容を比べてみるのがいいですね。見積内容を比べてみることで、価格ではどの引越し業者が安くて、サービスはどの引越し業者がいいのかということが比べてみることができます。というわけで、引越しの見積もりをしてもらってそれで終わりというわけではなくて、数社の業者を比較してから決めるのがよいです。

 

■引越しと防震
地震対策をするには引越の時にやるといいですよね。そういうわけで、引越業者さんのサービスにも引越しをする際に地震対策もやってくれるサービスもオプションで頼めることが多いようです。防震、免震のグッズなども、いろいろと引越各社それぞれ持っているようです。例として、新居に家具を運搬、設置をしたら家具が倒れないようにするための固定金具といったものもありますし、家具などをおく場合に下に滑らないシートを敷いておくというグッズもあります。引越が終わってしまってからそういったものを下に敷こうというのは大変です。地震対策グッズを買い揃えるのも大変ですが、そのようなオプションを利用すれば、荷物を動かすついでにできるのでとても助かりますよね。このようなオプションでは、各引越し会社によっても、やり方が違う部分もあると思いますし、そのオプションの料金にも差があると思います。各引越し業者のホームページなどに地震対策のサービスの内容や料金なども書いてあると思いますので、それを見て確認をして各社比べてみるとよいでしょう。ついでにできるチャンスなのですから地震対策をやっておくのはやっておいたら安心なのでよいですね。引越し業者の方から必要以上に薦めるということはないと思いますから内容を確認して、こちらから頼むのが一般的のようです。

 

 

千葉市から横浜市への引越し概算見積もり額

単身で引越しの場合
千葉市から横浜市への引越し概算見積もり額は
おおよそ30,000 〜 100,000円の費用が相場です。

 

夫婦2人での引越しの場合
千葉市から横浜市への引越し概算見積もり額は、
おおよそ40,000 〜 110,000円の費用が相場です。

 

家族4人での引越しの場合、
千葉市から横浜市への引越し概算見積もり額は、
おおよそ50,000 〜 130,000円の費用が相場です。

上記は、千葉市から横浜市への引越し概算見積もり額の
一般的な荷物量を設定して算出した参考価格です。

 

引越し料金は、その人、その人の引越し内容によって違います。
引越し料金は、業者によって違います。最大で50%も違うこともあります!

 

自分の引越し料金を具体的に知りたい、料金が安い引越し業者を選びたい


これを使うと便利です!
利用は無料、一回入力するだけで引越し各社に見積もり依頼できます。

各社の見積を比較することで最も安い引越し業者を選ぶことができます。


 引越し価格ガイド


 

 

■引越し業者の種類
どんな引越し業者を選ぶのがよいのかということですが、引越し業者といってもいろいろな引越し業社があります。例えば全国に支店があるような大手の引越し業社だったり中堅の引越し業社もあると思います。また、赤帽のような軽貨物運送業者もあります。引越し業社にはたくさんの会社がありますがどの引越し業者を選ぶのかは、自分の引越しに合った業者を考えればいいと思います。例えば、自分一人で引越しをするような場合、レオパレスなどのような家具付きの引越し先に引越しをするという人もいると思います。そのような物件に引っ越しをするには、それほどの作業もないですので、運送業者の単身パックのようなサービスを利用すれば安く済むと思います。同様に、独身者の転勤などの場合でも、大手の引越し業社の単身パックのようなサービスがありますので、こういったサービスを依頼すればわりと簡単に単身の引越しができるのではないかと思います。このように、引越し会社を選ぶには単身なのか家族なのかといったことや考えるのがいいと思いますし、そして引越し業者によって料金はかなり差がありますので、複数の会社から見積もりをしてもらって比較をして、料金について比べるとともに、どこまでの作業をやってくれるのかも確認して、最も条件のよい引越し業者に依頼するのがよいですね。

 

■引越し業者ランキング
引越し業者のランキングが掲載されているサイトがありますが、今、引越しの業者をどこにしようか考えている人には、とても役に立つものではないかと思います。引越し業者ランキングで上位にランクされているところは、実際に頼んでみると、選んでよかったという業者が多いと思います。引越しの業者ランキングは、多数の引越し業者の見積もりを一括してできるようなサイトによく載っていたりします。総合評価と項目別評価になっていたりして、価格の安いランキングですとか、営業や、サービス対応がよい業者の評価や、引越し作業スタッフの態度やテキパキと、的確に作業をしたかといった評価で、評価がされ、ランク付けがされています。近々、引越しをする予定のある人にとっては、どの引越し業者に頼んだらいいかわからない人もいるのではないでしょうか。そういった場合には、引越し業者のランキングを参考にすれば、実際に頼んで、どんな感じだったのかというのがわかります。引越し業者のランキングや口コミというのは、実際に、利用した人が書いている感想なので、実際にどうなのかということがよくわかるので、役に立つ情報ではないかと思います。

 

■引越しのスタイルで業者を選ぶ
引越し業者の選び方は色々あると思いますが、家族や荷物の量などを考慮することで、都合の良い業者やサービスパックがあると思います。例えば、大家族で引越しする場合には、家族の人数が多いとそれだけ、荷物の量も多くなるのがふつうですから、当然、引越しの作業量も増えることになります。小さな子供などがいる場合は、子供も見てなければいけないので、家族で引越しをする場合には、その作業量というものを考えて、引越し業者を選ぶという方法があります。赤ちゃんがいる家庭の場合であったり、お年寄りがいる家の引越しの場合では、子供や、お年寄りの世話も必要ですし、仕事もあるわけですから、夜や休日など、仕事が終わってから引越しの準備をするわけで、なかなか時間がないのが普通でしょう。こういう人の場合では、梱包作業から全部請負ますというような、梱包も手伝ってくれるようなサービスのある引越し会社とそのサービスパックを選べば、引越し準備の負担が減って楽になると思います。また、単身赴任や一人暮らしの場合でしたら、荷物もそんなに多くないと思いますので、大家族の引越しの場合と違って、普通の人の場合は、それほど大変な引越しではないでしょう。単身引っ越しパックのようなものを得意としている業者に頼めば、わりと簡単に、比較的安い料金で引越しできると思います。人数が多い場合と違って、単身引っ越しの場合はわりと手軽にできますので、その点も考えて引越し業者を選ぶようにすればいいのではないでしょうか。

 

 

■引越しのらくらくパック
らくらくパックという引越プランとはどんな感じかといいますと引越しのらくらくパックというサービスは大手の引越し会社などであればたいていありますが、呼び方ややってくれることもそれぞれの業者で違うかもしれませんが例えば、クロネコヤマトの引越の場合ですと引越しらくらくパックというように呼ばれていますけれど日通ではゆうゆうこんぽという商品名だったかと思います。松本引越しセンターでしたらおまかせコースという名前のプランになっています。引越会社のほうで小さな荷物の荷造りも搬出から、搬入まで荷解きから家具の設置までやってくれるというプロの引越し業者が全部やってくれるサービスというのがいわゆるらくらくパックなのです。引越しをすべて任せることができるらくらくパックですが荷造りをする前の荷物の仕分けなどに関しては、自分であらかじめしておく必要があります。引越しのらくらくパックの荷解きまで含まれている引越会社の場合でも荷物を梱包から出して梱包材は片づけてくれますが、それ以降の荷物の片づけなどは自分がすることです。しかし普通の引越しのプランに比べると少々お値段は高くなるとおもいますが、引っ越し作業の大部分を頼むことができますので、時間がない人などではよいサービスですね。赤ちゃんがいる家族の引越などでは準備するのも大変だったりしますので、引越しのらくらくパックで引越するのがその分の価値はあると思います。

 

■単身引越し
自分ひとりで引越しをする場合は、単身引越し向けのサービス商品があります。一人暮らしの人が自分だけ引越しをする場合は、家族の引越しとは全くタイプが違っていると思います。自分ひとりで引越しをする場合は、それほど大きな家具もないでしょうし、荷物の量もそれほど多くない場合が多いと思います。単身で引越しする場合は、家族の引越しプランのようなダンボールなどの無料サービスや保険などは、それほど必要としないかもしれません。それより、引越しの料金を少しでも、安い価格にしてもらったほうがありがたいのではないでしょうか。単身引っ越しの場合は、荷物の梱包なども簡単でいいことが多いですし、荷物を運ぶ引越し業者のトラックの助手席に乗って行くことができるというサービスもあるので、そちらの方が便利ではないでしょうか。単身赴任などの場合には単身用の、学生の引越しの場合には、またそれにふさわしいような、引越しのプランを探して引越しをしたほうが価格的にもお得になっていると思いますし、引越し業者の人も、勝手がわかっているので、てっとり早くできると思います。単身の引越しプランはほとんどの引越し業者でそのようなサービスがあると思いますので、各社の特徴などもチェックしてみて、価格とサービス内容の両方から見て、これが一番よさそうというものを頼んだらいいと思います。単身引っ越しの場合は、荷物も少ないので、料金も安くつくのがほとんどです。

 

■自分で引越し
引越し業者に頼まないで引越しをしようとする人も多いのではないでしょうか。自分で引越しをやってしまうことの、メリットとデメリットについてその辺も考えてから決めるのがよいかと思います。まず、自分で引越しを行うことのメリットはやはり引越し屋さんの料金がいらなくなりますので、安く引越しができるということがあります。その他にも、引越しを自分で行うと精神的にも楽かもしれません。引越し屋さんを頼めば確かに楽ですが、初めて会う引越し屋さんの作業員に、作業の指示などをしたり、自分の荷物を運んでもらわなければいけませんから、気にする人の場合は気分的に楽ではないかもしれません。引越しを自分でする場合は、仲間や家族で引越しすることができますから和気あいあいとできるのかもしれません。しかし、自分で引越しをする場合は、いいことだけでなくデメリットもあります。引越しを自分で行う場合の困ったところは意外にも、引越しを自分で行ったほうが高くついたということもあるといわれています。例えば友達に手伝ってもらってそれなりに食事をおごったりしますし、レンタカーを借りたりして、結局、引越し屋さんにやってもらうよりも高くついてしまったなんてこともじつはありがちなのです。そして、自分達だけで引越し作業をする場合は、引越し屋さんのように、それを専門にやっているわけではありませんので、実際にはそういうことは多いと思いますが、家具や荷物を傷つけてしまったり、アクシデントもいろいろとあると思います。そういうわけで、引越しを自分ですることはメリットもありますが現実には、引越し業者を使った方が安かったということもあるので、一応そういうこともあることを知っておくとよいと思います。

 

 

 

千葉市から横浜市への引越し概算見積もり額

単身で引越しの場合
千葉市から横浜市への引越し概算見積もり額は
おおよそ30,000 〜 100,000円の費用が相場です。

 

夫婦2人での引越しの場合
千葉市から横浜市への引越し概算見積もり額は、
おおよそ40,000 〜 110,000円の費用が相場です。

 

家族4人での引越しの場合、
千葉市から横浜市への引越し概算見積もり額は、
おおよそ50,000 〜 130,000円の費用が相場です。

上記は、千葉市から横浜市への引越し概算見積もり額の
一般的な荷物量を設定して算出した参考価格です。

 

引越し料金は、その人、その人の引越し内容によって違います。
引越し料金は、業者によって違います。最大で50%も違うこともあります!

 

自分の引越し料金を具体的に知りたい、料金が安い引越し業者を選びたい


これを使うと便利です!
利用は無料、一回入力するだけで引越し各社に見積もり依頼できます。

各社の見積を比較することで最も安い引越し業者を選ぶことができます。


 引越し価格ガイド


 

 

千葉市から横浜市への引越し 参考データ

千葉市、横浜市間の直線距離は約47km

 

■横浜市の公共機関、電気・ガス・水道の引越しの連絡先電話番号
横浜市役所 〒231-0017 横浜市中区港町1-1 TEL 045-671-2121 (代表)

 

【電力】
東京電力カスタマーセンター 0120-99-5771
泉区・戸塚区・栄区・港南区の一部は 0120-99-5775

 

【ガス】
東京ガスお客さまセンター 引越し専用ダイヤル
電話:0570-002230(ナビダイヤル)
月曜日〜土曜日9:00〜19:00
日曜日・祝日9:00〜17:00

 

【水道】
横浜市水道局お客さまサービスセンター
TEL 045-847-6262